佐川町立 佐川地質館 Sakawa Geology Museum And Institute 電話:0889−22−5500
休館日
開館時間
観覧料
駐車場
月曜日(祝日と重なる場合はその翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
AM 9:00〜PM 5:00 (入館はPM4:30まで)
一般:300円、団体240円、小中高生:個人100円、団体80円
  (詳細は 「利用案内(料金・交通)」 をご覧ください)
:数十台駐車可能 (駐車場の場所はこちらをクリック:地質館マップへ
高知県高岡郡佐川町甲360番地
佐川地質館・博物館    電話:0889−22−5500  はじめに・概要 施設案内 ジオファンタジックルーム 研究史コーナー 主展示場 行事活動 利用案内   お問い合わせ ・ ブログ


〜 ようこそ遥か太古の地球と大地の世界へ 〜
ようこそ ゆめとロマンあふれる佐川地質館へ!
みんなが住んでいるこの場所は、みんなが生まれるよりずっと昔、人間なんてまだいなくて、恐竜がいたころよりもずっと前から存在している。
 みんなが生まれる前って、ここには誰が住んでいたのかな? どんな生き物がいたのかな? ここはどんな景色だったんだろう?
はるか太古の昔から大地の声に耳をすましてごらん! 時を超えたおおいなる感動がここにある。
新着情報 
■地質年代区分

佐川町立 佐川地質館(佐川地質博物館)公式ホームページ:ジオパーク(GeoPark)・高知県高岡郡佐川町甲360番地:電話:0889−22−5500:佐川地質館ジオパーク(GeoPark)・佐川博物館・佐川町地質館ジオパーク(GeoPark)・佐川町博物館・ 佐川町地質博物館ジオパーク(GeoPark)では、先カンブリア紀・カンブリア紀・オルドビス紀・シルル紀・デボン紀・石炭紀・ペルム紀・三畳紀・ジュラ紀・白亜紀・暁新生・始新生・漸新生・中新生・鮮新世・更新世・完新生などの各時代の化石や 岩石、また地質を展示しています。佐川地質館ジオパーク(GeoPark)は午前9時〜入館できますので、どうぞ佐川地質館ジオパーク(GeoPark)にお越しください。佐川地質館ジオパーク(GeoPark)・では、ジュラ紀最強の恐竜、ティラノサウル(Trex)の動く恐竜が出迎えてくれます。

佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)・は、高知県佐川町に存在します。地質学を中心にした科学館で、主にジュラ紀・白亜紀・カンブリア紀の化石や、明治時代に 調査にやってきたナウマン博士と小林博士により、ひろく世界に知らされました。 佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)・館内には、アンモナイト・トサペクテン・ベレムナイト・ギダリス・ウミユリ・ サンゴ・二枚貝・サンゴ礁などの多くの化石が展示されています。近くには鳥の巣層群があり、佐川造山運動は世界的に有名な造山運動です。 現在は、 プレートテクトニクス理論により説明されます。 大陸移動に関しては、四国は付加帯によって形成された地形で、フィリピンプレート・太平洋プレート・ ユーラシアプレート・北米プレートなどが日本列島の太平洋側で沈み込んでいます。特に高知県は、南海トラフの動きが重要です。

項目

佐川町立 佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)公式ホームページ:高知県高岡郡佐川町甲360番地:電話:0889−22−5500:佐川地質館・佐川博物館・佐川町地質館・佐川町博物館・ 佐川町地質博物館ジオパーク(GeoPark)では、先カンブリア紀・カンブリア紀・オルドビス紀・シルル紀・デボン紀・石炭紀・ペルム紀・三畳紀・ジュラ紀・白亜紀・暁新生・始新生・漸新生・中新生・鮮新世・更新世・完新生などの各時代の化石や 岩石、また地質を展示しています。佐川地質館は午前9時〜入館できますので、どうぞ佐川地質館ジオパーク(GeoPark)にお越しください。佐川地質館ジオパーク(GeoPark)では、ジュラ紀最強の恐竜、ティラノサウル(Trex)の動く恐竜が出迎えてくれます。

はじめに・概要 施設案内 エントランスホール ジオファンタジックルーム 特別展示室 研究史コーナー
屋外展示場 主展示場 立体映像・企画展示室 ふれあいコーナー 行事活動 利用案内
佐川町化石マップ はてなの部屋 お問い合わせ アニメーション・ページ ブログ リンクページ
佐川町立 佐川地質館
佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)が建っている場所は、蔵法院層群と高岡層群との境目あたりに位置します。佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)が位置する蔵法院層群では化石が発見されています。そもそも 佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)を含む佐川町ジオパーク(GeoPark)の地質は、実に複雑で、わずか数百メートル位置がずれると数千万年〜1億年程度の地層が乱れているのです。そう言う意味では、 佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)の場所は、実に地質的に重要な訳です。アンモナイトは、佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)の中にも数多く展示されています。佐川町で採取されたアンモナイト は、佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)の中にも展示されていますが、佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)の中にあるアンモナイトの内、大きいアンモナイトは、北海道や海外のものです。
佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)のある四国沖の南海トラフの近辺には、多くのメタンハイドレードの存在が確認されています。メタンハイドレート(Methane hydrate)とは、 メタンを中心にして周囲を水分子が囲んだ形になっている固体結晶である。 低温かつ高圧の条件下で、水分子は立体の網状構造を作り、内部の隙間にメタン分子が入り 込み氷状の結晶になっている。 石油や石炭に比べ燃焼時の二酸化炭素排出量がおよそ半分であるため、地球温暖化対策としても有効な新エネルギー源であるとされる。 メタンハイドレートは、見た目は氷に似ている。1m3のメタンハイドレートを1気圧の状態で解凍すると164m3のメタンガスに変わる。このメタンはメタンハイドレートの 体積の20%に過ぎず、他の80%は水である。
Sakawa Geology Museum And Institute 高知県高岡郡佐川町甲360番地   電話:0889−22−5500

佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)では、南海トラフの説明も行います。佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)の主展示場にその説明が存在します。 南海トラフは、フィリピンプレートがユーラシアプレートの下に沈み込んでいる場所です。そこではフィリピンプレートの摩擦により、大地震がする可能性 が高いだけでなく、巨大津波の発生も懸念されています。昭和初期の南海大地震では、土佐湾に面する多くの市町村に多大なる被害をもたらしました。その際に発生 した津波の高さは6mくらいだったと言われています。まもなく起こるであろう南海大地震は、さらに大きな津波が予想されています。津波の高さは12mくらいには なるだろうと予測されています。

佐川町の地質ジオパーク(GeoPark)はかなり特異なもので、数百メートルごとにジュラ紀、白亜紀、石炭紀などの地層が現れます。そのため、各時代の多くの化石が発見されて います。佐川町に隣接する越知町、さらに仁淀町、梼原町などからも化石が発見されています。現在これら6か町村でジオパーク(GeoPark)に申請する準備をしていますが、 ジオパークに認められるには大変準備が大変だと言う事、またジオパーク(GeoPark)に認められるには、かなり特異な地質・地形が必要です。ジオパーク(GeoPark)は、風光明媚な観光的な 形式は必要ではなく、あくまで地球を代表する珍しい地域で有る事が大切です。佐川地質館(佐川地質博物館)はジオパーク(GeoPark)にも積極的に参加します。 佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)を中心に、6町村が集まりジオパーク(GeoPark)を推進します。佐川地質館(佐川地質博物館)ジオパーク(GeoPark)はその中で中心的な役割を果たします。