佐川町立佐川地質館
はじめに・概要 施設案内 エントランスホール ジオファンタジックルーム 特別展示室
研究史コーナー 屋外展示場 主展示場 立体映像・企画展示室 ふれあいコーナー
佐川町化石マップ 利用案内 はてなの部屋 行事活動 アニメーション・ページ

研究史コーナー

研究史コーナー

研究史コーナーの内館


@佐川の地質を紹介したナウマンならびに小林博士

   詳細は、以下の「写真」かあるいは「名前」をクリックして下さい。

エドムント・ナウマン博士
小林貞一博士


ナウマン博士・小林博士などの展示区画



A日本の古期地質図から四国および高知県地質図の変遷を示す地質図





B展示ケース

・ 地質図の出来るまで
・ 堆積構造
・ 生痕化石
・ 最古の化石 ストロマトライト
・ 三葉虫
・ アンモナイト

地質調査の為の秘密の(?)野外7つ道具 人気のアンモナイトコーナー


アンモナイトとは?
 今から4億年前の古生代デボン紀から、6千5百万年前の中生代白亜紀まで、約3億5千万年の間反映と衰退を繰り返して生存していた、頭に足が付いている、イカやタコと同じ仲間の頭足類という軟体動物です。現存しているオウムガイに似ています。
 巻貝やカタツムリみたいな殻を持っていますが、違うのは、殻が各部屋に分かれていて、それぞれの部屋を通る1本の管があり、それを通して各部屋の空気や水の量を調節しながら、浮いたり沈んだりしていました。
 アンモナイトは現在までに世界で約1万種が発見されていますが、中生代白亜紀の終わりに恐竜と共に絶滅しました。
 地質の時代を決定する、示準化石としてとても有名な生物です。








 アンモナイトの内部想像図



展示してある代表的なアンモナイト


学名:アナゴウドリセラス・リマツム (Anagaudryceras limatum

分類 : 軟体動物頭足類
時代 : 中生代白亜紀 (約 8700万年前)
産地 : 北海道三笠市桂沢




学名:ムラモトセラス・エゾエンゼ (Muramotoceras yezoense

分類 : 軟体動物頭足類
時代 : 中生代白亜紀 (約 9000万年前)
産地 : 北海道夕張市シュウパロ川上流域




学名:ユウボストリコセラス・ジャポニカム(Eubostrychoceras onicum

分類 : 軟体動物頭足類
時代 : 中生代白亜紀 (約 9000万年前)
産地 : 北海道夕張市シュウパロ川上流域




世界最古の化石のコーナー




最古の化石ストロマトライトとは?

ストロマトライトとは、シアノバクテリアという、ラン藻類の一種の化石です。
厳密にいうと、シアノバクテリア自体の化石ではなく、その跡の化石なのですが、実は、シアノバクテリアは、私たち人間の立役者なのです。

<質問> : シアノバクテリアは何をしたの?


<答え>

  
@ 地球上で初めて酸素を作った
      ← これが無いと私たちは息が出来ない
  
A 鉄鉱石を作った
      ←これが無いと私たちは今の暮らしが出来ない
  
Bオゾン層を作った
      ←これがないと私たちは地上で暮らしていけない

小さいシアノバクテリアは、すごく大きな仕事をしてくれたんだね! 私たち人間が存在しているのも、彼らのおかげといっても過言ではないのです。

シアノバクテリアの一種
(ウィキペディアより)


〜地球誕生からのシアノバクテリアの奇跡〜

地球が出来たのは今から46億年前、はるか太古、地球の大気は、アンモニア(NH3)やメタン(CH4)、二酸化炭素(CO2)が主であった。そして36年億年前に原始地球の海に、初めて生命(小さい菌やバクテリアなど)が誕生した。
そうして25億年前になり、今までにいないタイプの生物が生まれた。
シアノバクテリアである。
彼らは、地球上で初めて
@酸素(O2)を作り出すシステム を持っていた。
私たち人間にとって酸素は生きるのに必要なものだが、当時の生き物にとっては酸素は猛毒だった。
しかし、シアノバクテリアは光合成により猛毒(酸素)をどんどん作り続け、次第に海水中の酸素濃度は高くなっていきます。そして酸素原子(O)は海中の鉄原子(Fe)を酸化し、
A縞状鉄鋼(FeO)を形成 し始めます。そんな中酸素に適応した生物も増えていきます。
しばらくして海にとけ切れなくなった酸素は、10億年前から、大気中へとあふれ出し、大気中酸素濃度が1%に達すると
Bオゾン層 が出来始め、4億年前ぐらいまでには現在と同じくらいの酸素濃度になりました。(大気中酸素濃度20%前後)




人気の三葉虫コーナー


三葉虫とは?

今から5億4000万年前から2億5000万年前の約3億年間の古生代の海に栄えた、節足動物でエビやカニの仲間です。
体の大きさは1mm〜70cm、ほとんどは10cm以下の小さな動物です。
今現在1万種ほど見つかっており、古生代末期に絶滅しました。
現存しているものでは、カブトガニがその特徴を色濃く残していると言われています。
アンモナイトと同様、地質の時代を決定する、示準化石としてとても有名な生物です。



回転展示台









 置換化石・鉱物など色々なものがぐるぐる回っていま〜す


珪化木















石になった木!?

              他に、寄贈して頂いた標本やボリビア産の化石などが盛りだくさん!



   

上の”戻る”ボタンがうまく稼働しない際には右をクリックして下さい。TopPageへ
目次
はじめに・概要 施設案内 エントランスホール ジオファンタジックルーム 特別展示室
研究史コーナー 屋外展示場 主展示場 立体映像・企画展示室 ふれあいコーナー
佐川町化石マップ 利用案内 はてなの部屋 行事活動 アニメーション・ページ


佐川町立 佐川地質館 高知県高岡郡佐川町甲360番地   電話:0889−22−5500







プレート移動と付加帯ができる様子をアニメーションで見れます!