ページの先頭です。

ヘッダを飛ばしてメニューへ

ヘッダとメニューを飛ばして本文へ

HOME > 今月の広報紙の読み上げを更新しました!

今月の広報紙の読み上げを更新しました!

チーム佐川推進課 : 2019/08/29

※ こちらのページは、読み上げ機能に対応するため画像や装飾を除いています。
※ 広報紙に掲載している暮らしの情報を抜粋して載せています。詳しいことは、担当課へお問い合わせください。
今月の表紙
 「夢の里つくり隊」は、約20年以上前から日下川両岸を整備し、花や木の植栽を行い、今では、四季折々に美しい花を咲かせ地域の住民に大変喜ばれています。

特集
新図書館ワークショップはじまる
〜青山文庫・発明ラボとの複合から融合へ〜

 文化的資料の保存を求める請願書や青山文庫との複合施設にするという議会の意見を受けて、町では専門家に意見を聞きながら、新図書館について検討を進め、図書館・青山文庫・発明ラボを複合施設とすることを決定しました。

・なぜ複合施設?
(1)ふるさと教育の推進拠点
 ふるさとのことを学べる施設として図書館を「知の拠点」とするには、青山文庫との連携が必要。未来を創造する力を育むために「発明ラボ」と連携し主体的で創造的な学びの場としての機能が必要。

(2)貴重資料の保存と活用
 青山文庫に収蔵している貴重な書籍、資料に加え、文化センターに保管している資料も合わせて集約し、一元管理のもと町民や町外の人に閲覧など活用を促進する。

(3)利用者の利便性向上と情報発信力の向上
 発明ラボの情報テクノロジーを導入することで、本を借りるだけの機能から「知り、学び、体験する」といった多様性のある学びができる拠点とし、情報発信力を高める。

・私たちの図書館をみんなでつくろう!
 平成30年設立の「図書館整備方針策定委員会」では、平成30年の先進地視察を経て、令和元年は図書館の方針や理念といった基本構想を策定することとなっています。基本構想には、町民の想いや意見を反映することが大切であるため、現在、講演会やワークショップを開催しています。

・第1回講演会&町民ワークショップ開催
 7月28日第1回講演会とワークショップが開催され、図書館運営の専門家岡本真氏(ARG株式会社プロデューサー)の講演と、町民の想いを集めるワークショップを実施しました。

・講演(抜粋)
複合から融合へ ―図書館×青山文庫×発明ラボの可能性
 これまで多くの図書館整備や運営に関わってきた経験から、現在整備が進められている図書館で単独機能のものはわずかしかない。機能は様々だが、いずれも複合施設になっている。図書館に期待されるものが、本の貸し借りからまちづくりの領域まで広がっている。
 ただし、複合施設でもそれぞれの機能が単独でただ同じ場所にあるといった雑居施設になってはいけない。それぞれの機能が融合することが大切だ。最近整備された図書館ではその成功事例が生まれ始めている。そこで欠かせないのは、施設の融合、内容の融合と運営の融合になる。
 佐川町の場合も、図書館と博物館とものづくりの機能が融合すれば、面白い活動が生まれ、まちづくりにつながっていくだろう。

・参加者大募集
 文教のまち・佐川町に新しい図書館ができます。私たちの図書館をよりよいものにしていくため、共に学びを深めましょう。そして、皆さんの「想い」「願い」をお聞かせください!!

第2回図書館講演会 9月8日(日) 15時〜16時30分 文化センター大研修室 
講師:嶋田 学 氏 「人づくり・まち育て・デモクラシーと図書館を考える」
※第2回図書館講演会では、会場内に託児所を開設しますので、乳幼児をお連れでご参加される方は9月5日(木)までにお申し込みをお願いします。教育委員会 電話22-1110

まちの話題
・第51回さかわ・ところ体験学習交流活動
 平成元年2月に佐川町と旧常呂町(現北見市)との間で姉妹町の盟約調印が行われて以来、交流活動が行われてきました。平成19年度から、1年おきに互いの町を訪問する形となっており、今年は7月30日から8月2日の日程で、旧常呂町地区の児童5名の皆さんと引率の2名の方が佐川町を訪問してくれました。
 期間中はとても暑い毎日でしたが斗賀野小学校での交流や鳴子つくり体験など、北見市、佐川町の児童の皆さんは元気に交流活動を行いました。

・加茂地区の集落支援員が新たに着任しました! 北添愛美さん
 天気の続く朝、早くから良心市には野菜が並び、それを目的にふらりと人がやってくるのを事務室から眺める。そんなのどかであくせくしない時の流れを感じると決して都会のように便利ではない地区のために何かできないかと考える日々です。地区の仕事は始めてなので、分からないことばかりですが、あせらず、ぼちぼちとできることからやっていこうと思っています。よろしくお願いいたします。

・ぐるぐるバス
10月1日からダイヤと一部運行ルートが変更になり、新しいバス停ができます!
変更点
○ダイヤ改正によりJRや黒岩観光バスとの乗り継ぎがしやすくなります。
○バス停が新設され、それにより運行ルートが変更されます。
○中心部ぐるぐる線以外の路線でも健康福祉センターかわせみまで行けるようになります。
詳しくは、チーム佐川推進課までお問い合わせください。 電話22-7740