ページの先頭です。

ヘッダを飛ばしてメニューへ

ヘッダとメニューを飛ばして本文へ

HOME > インフルエンザ予防接種(高齢者)

インフルエンザ予防接種(高齢者)

健康福祉課 : 2018/09/10

 インフルエンザは乳幼児や高齢者が発病した場合、重症化するおそれがあり、かかる前に予防接種を受け免疫をつけることで、発病を一定程度予防することや、発病後の重症化や死亡の予防に一定の効果があるとされています。
 予防接種の効果(ウイルスに対する抵抗力)は、接種後約2週間から5ヵ月の間とされています。そのため、インフルエンザの流行時期に間に合うよう、一般的には10月下旬〜12月中旬の間に予防接種を受けることが適当と考えられています。

実施期間

平成30年10月1日(月)〜平成30年12月31日(月)
※ 委託医療機関の休診日を除く

予防接種の対象となる方

 接種日に、佐川町に住民登録(旧外国人登録法による者も含む)をされている方で、次の(1)または(2)に該当し、かつ、自らの意思で接種を希望される方が対象です。

(1) 65歳以上の方
(2) 60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(身体障害者手帳1級相当)

接種場所

高知県内の委託医療機関
(佐川町内では、くぼたこどもクリニック、高北病院、清和病院、西森医院、藤井医院、森耳鼻咽喉科で接種できます)

※ 接種の開始時期や実施日は、医療機関によって異なりますので、接種前にワクチンの在庫も含め、電話等で希望する医療機関と直接ご確認ください。

接種回数

上記の実施期間中において1回のみ

接種方法

 事前に委託医療機関に直接連絡・予約してから受診・接種してください。
 なお、接種のための受診時に本人確認をする場合がありますので、「健康保険証」や「運転免許証」をご持参ください。

接種料金(自己負担金)

1,100円

※ 自己負担金免除証明書を委託医療機関に提出された方は、無料で接種を受けることができます。
(要件等については下記をご参照ください。)

自己負担金免除証明書の発行について

○ 自己負担金免除証明書の交付対象者(無料で接種を受けることができる方)
 次の(1)〜(3)のいずれかの要件を満たす方は、申請により自己負担金免除証明書の発行を受けることができます。

(1) 本人含む世帯全員が町民税非課税となっている方
(2) 生活保護を受給している方
(3) 中国残留邦人等支援給付を受給している方



○ 発行申請手続き
 インフルエンザ定期予防接種を受ける前に、佐川町健康福祉センターかわせみで「平成30年度インフルエンザ自己負担金免除証明書」の発行申請をしてください。

 【申請者】
 本人、家族(その他、代理で申請を希望される方はお問い合わせください。)

 【申請に必要なもの】
 印鑑

 【申請受付期間】
 平成30年10月1日(月)〜平成30年12月28日(金) 8:30〜17:15
※ 土日・祝日を除く

 【その他注意点等】
※ 接種を受ける際は、交付された免除証明書を必ず持参し、委託医療機関に提出してください。
※ 接種を受けた後に免除証明書の発行申請をすることはできませんのでご注意ください。
※ 証明書の発行にあたり、申請された方の平成30年度市町村民税の世帯課税状況を確認させていただきます。