ページの先頭です。

ヘッダを飛ばしてメニューへ

ヘッダとメニューを飛ばして本文へ

HOME > <span class="red">重要なお知らせ</span> > ふるさと納税寄附金税額控除(特例申請)に係る特例通知の電子データ未送信に対するお詫び

ふるさと納税寄附金税額控除(特例申請)に係る特例通知の電子データ未送信に対するお詫び

総務課 : 2019/04/02

 この度発生しました、ふるさと納税寄附金税額控除(特例申請)に係る特例通知の電子データ未送信事案につきましては、当町における事務処理の不手際により、寄附者の皆様並びに関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしておりますことを心より深くお詫び申し上げます。

 ふるさと納税制度では寄附金税額控除について、ふるさと納税を行った自治体に特例申請を行うことで、確定申告を行わなくても寄附金控除を受けられる制度(ワンストップ特例制度)があります。

 この制度では、1月31日までにワンストップ特例制度の特例申請を行っていただいた方の居住自治体にデータを送信(通知)する必要があります。

 今回、このデータ送信処理にミスがあり、同特例を申請していただいた746人(274自治体)のうち、193自治体、553人分のデータの送信(通知)が未送信であることが3月20日に寄附者の方からの問合せにより判明いたしました。

 同日以降、未送信であった自治体にデータを送信するとともに、特例への対応が可能であるか電話で確認いたしましたが、9自治体(対象者40人)分が特例への対応ができませんでした。

 その後、3月25日には特例への対応ができなかった対象者の皆様にお詫び並びに確定申告のお願いの文書を送付させていただき対応を行っております。
 特例申請をしていただいたにも関わらず、当町の不手際により、寄附者の皆様並びに関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしておりますことを重ねて心より深くお詫び申し上げます。



町長のお詫びのことば

 今回の事務処理不手際により特例申請をしていただいた寄附者の皆様並びに関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしておりますことを、心より深くお詫び申し上げます。
 このような事態が二度と起こらないよう、送信マニュアルの見直しやチェック体制の強化に取り組み再発防止に全力で取り組んでまいります。
 応援したい地域の力になるために、当町へ寄附をしていただいた皆様並びに関係者の方々にご迷惑をおかけしておりますことを、重ねて心より深くお詫び申し上げます。

平成31年4月2日  佐川町長 堀見 和道


問い合わせ
 佐川町総務課 財政係 ふるさと納税担当
 0889−22−7700
 furusatotax@town.sakawa.lg.jp