ページの先頭です。

ヘッダを飛ばしてメニューへ

ヘッダとメニューを飛ばして本文へ

印鑑登録

町民課 : 2011/12/28

町役場に登録した印鑑を、一般的に「実印」と呼びます。契約書等の文書の作成者が本人である証明として、実印や印鑑登録証明書が使われます。登録できる印鑑は、1人1個に限ります。

印鑑登録できる方

佐川町に住民登録、または外国人登録をしている15歳以上の方で成年被後見人でない方。

登録できる印鑑

氏名または氏または名をあらわしたものか、氏名の一部を組み合わせたもので、一辺が8mmより長く25mm以下の正方形に収まるもの。 ただし、職業・資格等氏名以外の事項をあわせて表しているものや、プラスチック素材で機械ぼりの印鑑(三文判)、ゴム印など変形しやすいもの、外枠がない、または欠けているもの、印影を鮮明に表しにくいもの等は、印鑑登録できません。

登録の申請

登録に来る際は、登録する印鑑を必ずお持ち下さい。やむを得ず代理人に依頼する場合は、代理人の認めの印鑑も必要です。

  1. 申請したその日に登録できる場合
    (1)登録する本人が窓口に来て、次の方法で本人確認ができたとき
    運転免許証・パスポート・外国人登録証など、官公署が発行した写真が貼付された免許証及び許可書を提示し、確認ができた場合。
    (2)保証人による本人確認の場合
  2. 佐川町において既に印鑑の登録を受けている方と一緒に来庁していただき、申請書の保証人欄に記入していただきます。(その方の印鑑登録証と実印が必要です。)
  3. 申請した日に登録できない場合
    (1) 登録申請の際、本人であることが上記の方法で確認できないとき
  4. 申請いただいた日に、登録する本人あてに照会書を送付しますので、送付の日から15日以内に照会書の必要事項を記入し、本人が照会書と登録する印を持参して登録します。
    (2)代理人に依頼して登録する場合
    代理人(本人以外はすべて代理人です)が申請するときは、申請していただいた日に、登録する本人あてに照会書を送付します。その照会書を本人が受け取り、署名など必要事項を記入した上で、代理人が町民課戸籍係にご持参ください。その際、登録する印鑑と代理人の認印、代理人の本人確認のため、上記1.(1)の書類を必ずお持ちください。