HOME > 森林環境税及び森林環境譲与税の使途について

森林環境税及び森林環境譲与税の使途について

産業振興課 : 2020/09/17

森林環境税及び森林環境譲与税とは

 森林環境税及び森林環境譲与税は、温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止等を図るための森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保するため、「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」(平成31(2019)年3月)の成立により、創設されました。

  • 森林環境税:令和6(2024)年度から個人住民税均等割の枠組みを用いて、国税として1人年額1,000円を市町村が賦課徴収。
  • 森林環境譲与税:令和元(2019)年度から市町村や都道府県に対して譲与開始。私有林人工林面積、林業就業者数及び人口による客観的な基準で按分して譲与。
※詳細については林野庁ホームページをご覧ください。 

佐川町の森林環境譲与税の使途

令和元年度の森林環境譲与税の使途について(PDF:124KB)


作業道

事業により開設された森林作業道

木のおもちゃ

町産材で制作された誕生祝い品

Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。



PAGE TOP